ふとん洗濯(敷き布団)

1.素材の確認(洗濯表示を確認)

 洗えないもの 羊毛・・・・熱や水に弱く縮むため洗えません。
        ウレタン・・劣化し割れるため洗えません。 
          綿・・・水を多く含むため、洗濯中に重心エラーになる恐れがあります。
              また、水を多く含むため、乾きません。
 ご注意いただくもの
  ポリエステル100%・・素材的には洗濯できます。         
              しかし、キルティングが壊れ、中身が出る場合があります。
              布団をしっかり巻くのをお勧めします。

2.キルティングの有無

  あり・・そのまま洗濯機へ

  なし・・布団洗濯用ネット、テープ、ロープを利用する。

    ネット・ロープの利用方法・・ふとんを縦に巻く。テープ、ロープは4本以上利用する。
                 洗濯中に外れないよう、強く巻く。外れると型崩れします。

3.乾燥中に裏返し
   ふとんコースまたは洗濯乾燥コース終了時・・・裏返して追加乾燥(乾いたかをみて終了してください)

4.キルティングの有無に注意
   キルティングとは、布団の表地と裏地を縫い合わせ、中身が偏らないようにするものです。
   縫い目があっても、単なる飾りや、縫い目が一部のものは偏ります。(偽キルティングに注意)
   そのため、ふとんは巻く必要があります。
   ネットや、ロープなどが取れないようしっかり巻いて下さい。(これがコツ)

5.店内のポップ     
   店内には、ポップや実際にテープが巻かれた布団が設置されてます。
   参考にして頂き、ふとん洗濯を行っていただきたいです。